吉高由里子が蛇にピアスで高良圭吾・井浦新らと濃厚演技!その内容は?

吉高由里子さんの出世作として知られるのが映画「蛇にピアス(2008)」。

 

「蛇にピアス」で吉高由里子さんは高良圭吾・井浦新さんと共演してヌードになるど濃厚ヌーディ演技を披露しました。

 

この記事では菅田将暉さんが出演していた噂あもある,吉高由里子さんの濃厚演技で話題のおすすめ映画である「蛇にピアス」の内容を解説します。

 

スポンサーリンク

映画「蛇にピアス」の内容(あらすじ)

映画「蛇にピアス」は金原ひとみさんが芥川賞を受賞した同名の小説を演劇界の巨匠・蜷川幸雄さんが2008年に映像化した作品になります。

 

この作品のあらすじを紹介します。

 

あてもなく渋谷をさまよう少女・ルイ

物語の主人公・ルイ(吉高由里子)は不幸な家庭に生まれたわけではないが、生きているという実感を持てずに毎日渋谷の街をあてもなくさまよう日々をおくる19歳の少女。

 

ある日、ルイはスプリットタン(蛇のように真ん中で裂けた舌のこと)の男・アマ(高良健吾)と出会うことに。

 

真っ赤な髪の毛に顔中のピアスと背中に龍のタトゥー、そして、スプリットタンなど見た目は恐そうなアマですが以外に喋り方はソフトなこともありルイはアマに興味を持つことになります。

 

シバと出会うことになったルイ

ルイとアマと肉体関係を持つなど親しくなったある日、アマは自分のタトゥーやスプリットタンの施術してくれた男・シバ(井浦新)の店にルイを連れて行きます。

 

シバの危ない魅力に惹かれ始めたルイは舌にピアスを開けると、その時感じた意味に快感を感じたことがきっかけで人体改造にのめり込むことに。

事件を起こした後、行方不明になるアマ

ルイは友人と一緒に渋谷のセンター街を歩いていると暴力団風の男に絡まれてしまいます。

 

好きなルイにちょっかいを出す男にキレたアマはその男をボコボコにすると、男から二本の歯を抜き取ります。

 

その歯を「愛の証」だと言ってルイに手渡すアマ、自分を守ってくれるためとはいえ、ルイは彼の無鉄砲な姿を心配になってきます。

 

その後、アマが殴った男が死んだことがわかり、それと前後するようにアマが行方不明になったことが判明。

 

シバと肉体関係を持つようになるルイ

自分もアマやシバのようなタトゥーが欲しいと思うようになったルイは、アマの背中と同じ背中一面に龍と麒麟の絡み合うデザインのタトゥーを彫ることをシバに依頼。

 

しかも、画竜点睛の諺に従って、「キリンと龍が飛んでいかないように」という願いを込めて、二匹の瞳を入れないでおいて欲しいとも頼みます。

 

依頼を引き受けたシバはその代金として、肉体関係を求めます。

 

タトゥーを入れるたびに肉体関係を結ぶルイとシバ、次第にシバのサディスティックな素顔が現れ、首絞めなどプレイは過激化することに。

 

無残な死体になったアマ

アマの行方がわからないのでルイは警察へ捜査願いを出すことを決意。

 

けれども、警察から対象者の名前を聞かれた時に、ルイは初めてアマの本名について知らないことに気づきます。

 

結局、シバを頼り再度、警察へアマの捜査願いを出しますが、結局、横須賀でアマらしき男が死体で発見されたということがわかります。

 

警察からの連絡で死体を確認するとその男は確かにアマでした。

 

アマの死体は爪が全て剥がされ、無数のタバコを押し当てた痕、陰部には”エクスタシー”というお香が差し込まれていました。

 

アマは何者かにレイプされて後に殺されたことをルイは知ります。

 

シバと暮らすようになったルイ

アマが死んだことでショックを受けたルイを支えたのがシバでしたが、ある日、ルイはアマの死体のお香とタバコがシバが普段使うものと同じであることに気づきます。

 

ルイはアマからもらった歯を砕いて飲み込むことでアマからの愛の証を体に吸収して、シバに最後のお願いします。

 

それは、眼を入れないで頼んでいた背中にある竜と麒麟のタトゥーに眼を入れて欲しいというもの。

 

事件後に“自分が命をもつため”にルイに眼を入れてもらいます。

 

自分が命をもつためというルイの決意を知ったシバは彼女の要求に応え、タトゥーの麒麟と龍に瞳を彫り込みます。

 

麒麟と龍に瞳を入れることで1人で生きていくことを決意したルイは、自分にとってピアスとタトゥーは何だったかを噛み締めながらまた元のように渋谷の街に帰って行くのでした。

 

スポンサーリンク

吉高由里子と高良圭吾・井浦新らと濃厚演技の詳細

「蛇にピアス」の劇中のかなりの場面で吉高由里子さんは全裸になり、高良健吾と井浦新さんの濃厚な演技の濡れ場を披露しているんですね。

 

実際の濡れ場なんですが、登場するアマとシバのキャラクターが反映されているものになっていますね。

 

ルイとアマとの濡れ場は2人が出会った冒頭のすぐから始まり、スプリットタンのアマは器用に舌を使いルイとディープキスをします。

 

その後も本番も何か変わったことをするわけでなもなく、普通のセックスをするだけなんですが、全裸でも堂々とする吉高由里子さんの濃厚演技が見ものです。

 

見た目は怖いけど、優しくルイをいたわるように肉体関係を結ぶのがアマ流の彼女の愛の示し方何ですよね。

 

一方で、アマとは正反対なのがシバ。

 

シバは自分で他人が苦しむ顔に興奮すると語るサディストなんですね。

 

そうしたシバの性格はセックスにも反映されて、首を絞めたり縛ったり相手に痛みを感じさせるプレイをやるんですね。

 

特に首を絞めて苦しむ姿にシバは快感を感じるようで、ルイを自分だけのものにしたいっていう独占欲も高まることになります。

 

映画の中で断言されていませんが、アマは首を絞められレイプされて殺されました。

 

しかも、無数のタバコを押し当てた痕、陰部には”エクスタシー”というお香が差し込まれるという形で、この殺した方はシバの屈折した愛情の表れとも読み取れんるんですね。

 

映画の大半のシーンで濡れ場が登場する「蛇にピアス」は肉体関係の結び方で、登場人物の考え方やキャラが反映されているのが特徴になります。

 

スポンサーリンク

首絞めプレイはガチだった

首絞めプレイなどハードなシーンが続く「蛇にピアス」ですが、さすがに首絞めプレイは1つ間違うと命の危険に関わりますよね。

 

そうしたことも考えると、首絞めプレイの場面は軽く首を絞めるだけかと思いきや、厳しい演出で知られる蜷川幸雄さんが監督ということもあり本格的なものになります。

 

撮影時に吉高由里子さんは命の危険は考慮しつつ、ガチで首を絞められていて限界ギリギリの演技を披露しています。

 

吉高由里子さんは女優魂を見せたから迫真的な場面が生まれたんですね。

 

他にも、吉高由里子さんの女優魂を伝えるエピソードがあります。

 

それは、映画の撮影が始まる衣装合わせの時のことでした。

 

吉高由里子さんは「ほとんど裸の映画なのに、裸を見ないで撮れるんですか?」と蜷川幸雄さんに言います。

 

吉高由里子さんの挑発的な言葉を聞いた蜷川幸雄さんも「じゃ見せて」と返答。

すると吉高由里子さんはすぐに全裸になって裸を恥ずかしがることもなく蜷川幸雄さんさんの前で堂々と見せつけます。

 

蜷川幸雄さんもこれにビックリして、手で目を覆いながら「あ、大丈夫、大丈夫、撮れる、撮れる」と言うことできなかった模様。

 

吉高由里子さんの勝ち気な性格と女優魂を感じさせる撮影の裏エピソードですよね。

 

娘・蜷川実花が語る父・幸雄と吉高由里子の関係

2017年9月17日放送の「行列のできる法律相談所」に吉高由里子さんが出演しました。

 

放送の中で、映画「蛇にピアス」の話になり、撮影中の首締めのシーンでは監督の蜷川幸雄さんは吉高由里子さんと同じ苦しさを体感するため自分の首を絞めていたというエピソードを明かします。

 

それ以降も初舞台で緊張する吉高由里子さんに蜷川幸雄さんが「大丈夫だよ」と声をかけるなど2人の交流は続きます。

 

蜷川幸雄さんに感謝する一方で、吉高由里子さんは「もったいない」という蜷川さんの言葉が気になっていました。

 

そうした中、蜷川幸雄さんの娘で写真家の蜷川実花さんがVTRで出演。

 

蜷川幸雄さんの「もったいない」という言葉は、「俺とやらないなんてもったいない」という意味ではないかと説明します。

 

蜷川幸雄さんは女優としての才能を評価する吉高由里子さんと自分の舞台作品で共演したかったようなのです。

 

まとめ

・映画「蛇とピアス」で吉高由里子さんは全裸になって高良健吾・井浦新さんのハードな濡れ場を披露

 

・特に「蛇のピアス」の中でも井浦新さんとの絡みで見せた首絞めプレイでは吉高由里子さんは首を絞められる苦しみにも耐えて迫真の演技を見せている

 

・他にも撮影の前の衣装合わせて吉高由里子さんは全裸を見せるなど物怖じしない性格を見せている

 

・蜷川幸雄さんは亡くなる前に吉高由里子さんと一緒に仕事をもう1度やりたいと語っていた

 

スポンサーリンク
おすすめの記事